面白いホームページリンク集

面白いゲーム,面白い商品など

★Windows8を従来のWindowsスタイルにする方法(スタートボタン・スタートメニューの復活)

Classic Shellというソフトをダウンロード&インストールすることで、
スタートボタンと、スタートメニューが復活します。

インストールは下のような流れになります。

はじめはこんな感じの画面で、左下にスタートボタンがありません。




(注意)ダウンロードボタンを押してからは、この説明自体が読めなくなる可能性がありますので、

説明を全て読み、大体の流れをつかんでから、下のダウンロードボタンを押してください。
読めなくなったら、ほかのパソコン・スマホ・タブレットなどで見てください。

Classic Shellダウンロード←をクリックすると、下のようなページが出ます。





5秒ほど待つと、下に実行または、保存しますか?というウィンドウがでるので、「実行」を押します。




ソフトが実行されますので、「次へ」を押します。




メーターが進みます。




この画面で「Classic Shellインストール開始」を押します。




「次へ」を押します。




「使用許諾契約書に同意します」の左の□(四角)にチェックを入れ、「次へ」を押します。




「次へ」を押します。




「インストール」を押します。




ユーザーアカウント制御というウィンドウが出てしまった場合は、管理者にパスワードを聞き、パスワードを入力して「はい」を押します。




メーターが進みます。




インストールが終わったので、「完了」を押します。




この画面は宣伝なので、興味ない方は無視して、「終了」を押します。




左下に、丸い4色のボタン(スタートボタンのかわり)が出れば、インストール完了です。




試しに押してみましょう。おなじみのコンピュータやプログラム、そしてシャットダウン(終了)ボタンが現れます。




(おまけ)デスクトップに、コンピュータのショートカットを作りましょう。

スタートメニューの、「コンピュータ」をクリックすると、この画面が出るので、




「コンピューター」と書かれている部分を、右クリックしながら、デスクトップへ持っていき、右クリックを離します。




(左のコンピュータでも、上のコンピュータでもどちらでも大丈夫です。)




コンピュータを右クリックでつかんだまま、デスクトップに持っていき右クリックを離すと、「ショートカットをここに作成」が出ますので、選びます。




これで、デスクトップからコンピュータを簡単に開けるようになりました。




同じ要領で、スタートボタン→プログラム→Internet Explorerを右クリックしたまま、デスクトップに持っていき、右クリックを離すと、
、「ショートカットをここに作成」が出ますので、選ぶと、インターネットもデスクトップから簡単に開けます。
よく使うプログラムは、このようにして、デスクトップにショートカットを作りましょう。




面白いホームページリンク集TOPへ戻る